アトリエみりん干し
お笑いのある生活

PROFILE
大原みりん
  • Author:大原みりん
  • お笑いのある暮らしを送る、丑年生まれのスーパー主婦。著書に『〆切り金曜日』(文芸社)『〆切り金曜日でR』(新風舎)がある。

    〆切り金曜日
    〆切り金曜日


    〆切り金曜日でR
    〆切り金曜日でR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2006/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • オニきのこっ!(12/11)
  • オニきのこっ!(12/03)
  • オニきのこっ!(11/13)
  • オニきのこっ!536(10/24)
  • オニきのこっ!(10/16)


  • RECENT COMMENTS
  • 逆援助(12/02)
  • 逆援助(12/02)
  • 彰男(11/11)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS
  • なつみのブログ:紀元会(10/17)
  • 転職したくない窓際中年のリストラ対策:「歌姫」(うたひめ)長瀬智也(ながせともや、永瀬友也、知也)、相武紗季(あいぶさき、沙希、佐紀、早紀)佐藤隆太(さとうりゅうた)(08/28)
  • 静岡で出会いGo!Go!:出会い系 裾野/出会い系 裾野(06/09)
  • aoiの部屋:手塚治虫(02/10)
  • トヨタ自動車エキスプレス情報館:セルシオのエキスプレス情報(02/09)


  • ARCHIVES
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (7)
  • 2007年05月 (17)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (27)
  • 2007年01月 (42)
  • 2006年12月 (28)
  • 2006年11月 (17)
  • 2006年10月 (20)
  • 2006年09月 (47)
  • 2006年08月 (68)
  • 2006年07月 (20)
  • 2006年06月 (31)
  • 2006年05月 (30)
  • 2006年04月 (57)
  • 2006年03月 (49)
  • 2006年02月 (51)
  • 2006年01月 (59)
  • 2005年12月 (57)
  • 2005年11月 (58)
  • 2005年10月 (61)
  • 2005年09月 (47)


  • CATEGORY
  • 100セミくん (37)
  • 日記 (266)
  • オニきのこっ! (507)
  • みりんライブラリー (3)


  • LINKS
  • リバ
  • アトリエみりん干し
  • Plasma
  • ケイモウ・アナライズ
  • アジアン・パサール
  • こじぞうの なちゅらる はいぃ!
  • RIPUホームページ
  • あーたんママとるるポンチ
  • Dohmar@Engine
  • もしかしてパチンコ依存症?
  • 懐かしの漫画
  • すまいる堂
  • 夢追い人生ー漫画家になりたいー
  • (有)KUZI製作所
  • 本日の水産部
  • たからブログ
  • 雪崩式リングアウト(NRO)
  • 科学変態ZENRA-MANの秘密BLOG
  • 中国留学~ それとなく綴る
  • ジョイフルリ・ホームおかざき
  • フライデーフライBLOG
  • コンスタントに億下さい
  • 弥右エ門の似顔絵屋本舗
  • UGLY FACE
  • のぶじいのお気楽日記
  • ねこねこ
  • 強運 頑福を呼び寄せる「お言葉」
  • want wish to be happy
  • 有限会社 インフィニティ
  • 徒然日記~中国的生活
  • ぽぽのque-seraーsera!!
  • 老百姓~上海ニートの中国徒然日記
  • 中国留学情報
  • しそがぽーる
  • さんどまめのゆでかげん
  • 今日から実践
  • Tissa Rush Graphiclog
  • DERIサンのアタマん中
  • 癒しのエピソード


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    うさぎ頭の、徒歩日本一周青年


    親戚に不幸が出来て、わが町から35キロ離れた田原市に行く途中、大きな荷物の上から耳が飛び出した「物」を発見した。よく見るとそれは、着ぐるみの頭をかぶって大きなリュックを背負っている「人間」のうしろ姿だった。距離が近づいたとき、そのリュック(といっても、なんか植木職人が払った枝や葉っぱを入れるビニール編みの、四角い大袋という感じ)に「徒歩で日本一周の旅」と書いた布が縫い付けてあるのが見えた。それだけでもドン引きだったのだが、すれ違いざまにうさぎの顔の方を見て驚いた。着ぐるみの頭は、すっぽりかぶるタイプのものではなく、あごの部分でマジックテープで固定し、顔がむき出しになるタイプのものだったのである。うさぎの着ぐるみの頭、というだけでも異様なのに、顔が出ているとは!私も22年前に日本縦断自転車旅行の野宿旅をしたことがある。服はヨレヨレ、顔は日焼けで真っ黒。風呂にも入らないし、髪型は帽子で固まっていて、もう世間からドン引きされていた。コンビニに入っても、商店街に入っても、浮いていたと思う。が、まだ世間の理解を超えるドン引きではなかった(気がする)。しかし、このうさぎ頭の青年は、この姿で旅をし、この姿でコンビニに入り、この姿で寝ていたら私が味わったドン引きとは、もう少し違うドン引きがある気がするのだ。何のためにうさぎなのだ。何のためにわざわざ日本一周していることを公表しているのだ。何のために顔を出しているのだ。若さゆえの挑戦なのか?ギリギリ二十代という印象の青年だったが、日本中にナゾを撒き散らしている。青年の無事な目標達成を祈る私だ。
    スポンサーサイト
    【2006/10/25 23:04】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12) |

    オニきのこっ!373



    【2006/10/23 21:30】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    山学に行くのにはみ出すパンツ!


    小5の息子が2泊3日で山の学習に出かける。小学校生活で修学旅行と並ぶビッグイベントだ。彼の興奮は、毎夜リュックから荷物を出したり入れたりるることで、手に取るように分かっていた。と、「やっぱりパンツの替えがギリギリだ。トランクスを買ってきて」というのである。替えがギリギリあるならいいじゃないか、と思いつつ車で10分のスーパーに行くのを億劫がって、自転車で5分の「ユ○クロ」で四角いパンツを買ってきた。息子は「絶対ユ○クロ」はヤメてね。あそこはトランクスじゃなくて、ボクサーパンツしかないから」と、私に念を押していたのだが、四角いパンツはすべてトランクスだと思っていたので、私は息子の言い分を聞かなかったのだ。家に帰ると「コレはボクサーパンツだから、ダメだっていっておいたでしょ、もぉ!」と不満爆発。さらに、試しにはいてそのままイスに座わったろころ、何と息子の坊やが「穴」から飛び出してしまったのである。残りの二枚も試したのだが、座るとやはり坊やが「穴」から飛び出してしまう。ズボンからパンツがはみ出してるわ、鼻水はたらしているわ、足は臭いわと、普段から超だらしがない男で通っている息子が、山学で急にパンツにこだわるとは。さては好きな子がいるな!と、からかうと「玉が涼しいからだよ!」。熱い。熱い答えだ。そういう事情があったとは、子どもでも男の主張には注意が必要だ。
    【2006/10/23 21:29】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    オニきのこっ!372



    【2006/10/20 22:24】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    免許の更新


    免許の更新に行ってめいりやした。ゴールド免許なので、30分の講習ですんだ。目の検査は、老眼が始まっているので大丈夫かと心配したが、何の問題もなかったのでホッとした。私のあとに検査した50代のレディは検査官から「円の切れ目が『右』『左』『下』『上』のどこかを答えて下さい」といわれて「右」「右」「真ん中」ナドト、ナイスなボケをかましてくれるし、次のダンディは検査官から、「じゃ、コレは?」と聞かれ「ウーン…」と黙ったまま何も答えない。「見えませんか?」「いえ、見えてます。分からないだけで」と、こちらもナイス!ナイス!なボケをかましていた。毎日こういう人々と接している警察。きっと極上ナイスな「免許更新こぼれ話」がごまんとあるに違いない。聞いてみたいことだ。
    ところで、ゴールド免許の私は、次回の更新は平成23年だ。天皇陛下は、現在72歳。平成23年はあるか。健康が厳しく管理されている宮家だ。77歳なんて、何の問題もないか。それと、もうひとつ。平成元年に生まれた子どもが、もう社会人としてやっているという事実。「平成」=「子ども」と思っていたのに、もう18歳になるのだものな。時が過ぎるのは早いことだ。
    【2006/10/20 22:23】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!371



    【2006/10/18 21:04】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    鉄分補給の絶大な効果!


    貧血治療のために鉄剤を服用し始めて5日目。貧血では眠くならない、と先生はいったがどうだ。毎日朝・昼の2回、寝ずにはいられなかったことが嘘のようだ。朝は全く眠くならない。昼は今のところ寝たのは3日で、「まったく寝ないですんだ日がある」ということに驚きである。鉄剤と眠気は関係ない、と先生はいうかも知れないが、私には大いに関係があった。嬉しい効果だ! それと、先生が指摘した通り「便秘」にもなったし、「まっ黒便」にもなった。薬とはたいしたものである。体にちゃんと「作用」するよう出来ているのである。こうなると、製薬会社には薬の効果だけでなく「薬害」の検証も、責任をもってキチッとやって頂きたい。こんなに薬が体に作用するということは、「悪いお薬」をお注射したら、そりゃイロイロてきめんに起こるわなぁ、と思ったことだ。クスリには注意が必要だ!
    【2006/10/18 20:59】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    〆切りにつきお休み


    〆切りにつき、お休み。
    【2006/10/16 18:58】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    オニきのこっ!370



    【2006/10/13 23:04】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    貧血と過睡眠は


    おとといの私のブログに「貧血で眠くてし方がない。その眠気たるや強烈で、抗うすべを知らないままに眠ってしまうので時間のロスが大きく、生活を維持するのがやっとなほどだ。」と書いた。そして、「何かを挑戦することが困難なのだが、しかし。それを焦ることはない。できなかった何かを考えるより、できた何かを考えよう」、そういう結論だった。今日、貧血治療に市民病院にいったのだが、担当医は「貧血で眠気は起こりません。考えられることとしたら、婦人科の病気か、脳ですね」、といった。「でも、健康診断の結果と、あなたとの会話がきちんと成立している具合からいって脳の方は問題ない気がしますけどね」と付け加えた。「では、私の怠け心か、婦人科の病気かということでしょうか」「まぁ、とにかく貧血は眠気とは関係ないので…」。言明は避けたが、担当医は「怠け心」が原因と思った気がする。眠たくてたまらないこの4ヶ月。貧血を原因にすることで、この睡魔に負ける日々を正当化してきた私だ。こんなにキッパリ「貧血では眠たくならない」といわれた日にゃ、自分のダメ加減にトドメのくさびが打たれた格好だぜ。眠いままに眠ってきた私としたら、正当な言い訳のためには婦人科の病気を祈るしかないね。それも、困りもんか。あああぁぁぁ。
    【2006/10/13 23:01】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |

    オニきのこっ!359



    【2006/10/11 22:57】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    挑戦者たちがくれたもの


    以前から昼寝が大好きだったが、この4ヶ月は病的に眠い日々が続いている。健康診断を受けてみると、やはり貧血が治療が必要なほど深刻な数値だった。その事はうすうす気付いていたのだが、「私の『根性』が足らないせいかも知れん」と、若いときにそうしてきたように「努力」で乗り切ろうとしていた。しかし、一日にこれだけはやろうという小さな目標を作っても、結局朝食後1時間、昼食後2時間の睡眠のせいで家事をやるのが精一杯な日が続き、目標事項を消化出来ない自分を責めて苦しんでいた。
    そういうとき、ブログ仲間の「ワン子」ちゃんはマンガ家としてデビューが決まり、「真琴」さんは「公務員試験」に合格し、「トム」さんは「コピーライター」になるべくコンテストに応募、「こじぞう」さんは「日比谷公園ガーデニングショーのガーデンコンテスト」に出展のために今、フル回転で仕事をこなしている。この「挑戦」が羨ましくてたまらなかった。と、である。「できなかったことではなくて、自分が今日、できたことを考えてごらん」と、心の中に声がしたのである。耳で聞こえたのではなく、心で聞こえたというよりほかない「声」だった。「今日出来たこと」。「朝起きて、弁当を作った」「子どもにご飯を食べさせた」「掃除をした」「ギターの練習をした」「仕事をした(今だけ少し、仕事をしている)」「晩ご飯を作った」「ブログを更新した」。何だ。けっこう昼寝してもやることやれてるじゃん。この分だと「挑戦」もそのうちできるな、と思えてきたのである。ブログ仲間の「挑戦」は、「今」の自分をより高め、新しい「自分」を作る気持ちの表れだ。その気持ちのお蔭で、私まで新しい自分になれた。感謝である。あじがどう。
    【2006/10/11 22:49】 日記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!358



    【2006/10/09 23:05】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    ガンマ・レイのCDを送ってくれた青年


    9月18日の私のブログで「私のファンという若い息子さんと握手を2回して分かれたはいいが、私が渡した『〆金』代金¥1050をもらい損ねてしまった。握手1回¥525の計算だ。イケメンの青年だったし、ホストに行ったと思えば安いか」、という文章を載せた。それを、この若い息子さんが読んで即日私宛に「お詫びのしるし」と、彼がぞっこんの「GAMMA RAY ♪NO WORLD ORDER」のCDを送ってくれた。全く、いい奴である。その律儀さ、さすが私のファンだけある。アイドル(私はいくつだっての!)エッセイストの私のファンは、みんな自慢できるスバラシイファンばかりだ。ときどき私の本、買わないで回したり古本屋で買ったり、売ったりしてるらしいけど、そういうこと以上に人格的にスバラシイ。ブログを読むと、みんなアイドルエッセイストの私以上の人格、人徳の持ち主で、私が逆にファンになってしまう人ばかりなのである(ヨイショッ)。
    さて、そのGAMMA RAYなのだが、彼に教えてもらってさっそくCDレンタルで♪LAND OF THE FREEを借りていて、とても気に入っていた。だから、GAMMA RAYの曲はとても嬉しかった。さらに、今まで「ヘビメタ」は疲れるので聞かない領域だったのだが、今はロック慣れしてきたのか、疾走感・メロディー・速弾きの力強さ・技術・個性に疲れるどころか、もう感じっ放しである。勉強になるなんてものじゃない。もう、頭の中一日中「どうやったらGAMMA RAYが弾けるか?」ばかりなのである。若い息子さんにあげた格好になった『〆金』¥1050の変わりに、私がもらったものは、金額で現せない宝物となった。こんなスバラシイ宝をもらって、私は彼にただただ感謝するばかりだ。あじがどう!そのお礼に、彼が経営している美容室風床屋がはやるよう私直筆の「招福万来」のカードを送った。スゴイご利益、間違いなしである。間違いなしだが、しかし。それは、若い息子さんの磨かれた技術と洗練されたセンス、さらに人柄がそうさせてる気もする…。うん。
    【2006/10/09 23:04】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    オニきのこっ!357



    【2006/10/06 23:55】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    『「デスノート』は芸術だ!


    今、マンガ『デスノート』を読んでいる。もう、なんという美しい絵なのだろうと、感嘆の連続である。話の内容も、「キラ」と「L」の心理行動の読みが合いが息をもつかせず、駆け引きの上手さが緊張感をたるませない。また、どんどんノートの使い方が詳しくなっていって、デスノートにマンガの登場人物のみならず、読者までもが振り回されるところも、グイグイ引っ張られる。4巻で「第2のキラ」が出てきたところで、出版社側が原作者とマンガ家に「長編にしたいので、強引な展開でもいいから描き続けてください」と、強い圧力をかけたのではないか?ナドト、私も深読みをしたりして、その辺も楽しい。そして、何よりとにかく、どんな状況になっても、絵の質が下がらないところが「小畑健」さんの確かな実力だ。私が読んだ中で、最高峰の絵の上手さである。子どもからも「(『オニきのこ』で)雑な絵ばかり描いて、やる気が見えん。更新することが目的に思える」ナドト指摘を受けてる私など、「マンガ家です」と、小畑健さんと同じ職業を名乗ることなどできませんわね。
    【2006/10/06 23:54】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!356



    【2006/10/04 21:36】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    少年少女の反抗


    夕刊をちらりと見たとき「愛知学園集団暴行」「少女ら異常な状態」という見出しが目に入った。「愛知学園」というのは、不良行為を繰り返す、あるいは虐待を受けた経験がある18歳未満の少年少女が社会復帰できるよう、生活指導している「児童自立支援施設」である。完全寮制で園内で勉強もする。夕刊では「少女ら異常な状態」と、簡単に「異常」という単語を使っているが、そういう行動をとることが少女らにとって「平常」を保つ唯一の手段だったことは明らかだ。何に、どう傷ついて「異常な状態」となったのか。もしかしたら彼女たちも一生を通じてうまく説明できない、よくあるただの「怒りの爆発」と片付けてしまうほどのことなのかも知れない。そのよくあるただの「問題」の中にある少年少女たちの叫びに胸がヒリヒリする。暴行を受けた職員(48)の心の中は、同じ愛知学園内で起きた4年前の「園生が職員の首を絞めて殺害」事件の恐怖で占められていたに違いない。大きな事件に発展してしまったことで、自分を責めている「大人」の良心に苦しんでいるかも知れない。この苦しみも悲しい。誰も世界中の不幸のすべてを解決する力を持ってはいない。だが、ひとつひとつ自分が抱えている問題を解決していけば、世の中が少しずついい方向にいくのではないか。小さい解決を束にして、やがてこの子等にも「平安」な日々が訪れることを、願うのみだ。
    【2006/10/04 21:35】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!355



    【2006/10/02 22:26】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    ラッコはかわいいが金が掛かり過ぎるのだ…


    わがふるさと豊橋市には、「のんほいパーク」という豊橋総合動植物公園がある。そこには全国の動物園人気ナンバーワンの旭川動物園にあるような「白熊のガラス張り水バシャン見せ」とか「ペンギンのガラス張り水バシャン見せ」「カバの泳ぎ見せの池」、さらにサバンナさながらの広さでライオン、サイ、シマウマ、キリンなどが飼育されている。などなど工夫が一杯の楽しい動植物園だ。で、そこにはラッコの「ヤヨイ」が一頭飼われているのだが、ラッコの食事は普通「アワビ・ウニ・カニ・イカ・タラ」なのだという。豊橋市は、近所の渥美半島で「大アサリ」が取れるので「アワビ」「ウニ」を「大アサリ」でしのいでいるラシイ。(ヤヨイけなげ…)。全国にいる普通のラッコは、すごい金の掛かる「鮨ネタ」を1日1万円以上召し上がっているのだという。どうも、ラッコというのは皮下脂肪がない分、毎日脂肪分の多いものを食べなければいけないらしく、ラッコ一頭でで年間500万円!も食べているというのである。動物園にラッコのいる市民としては、入場料でまかなってますといわれても、感情として「ラッコは自然界のみで観察するのが望ましい」、と思うに違いない。私の年収ではラッコを1週間食べさせられない…。でも、食べさせてもらえる側だったら「ラッコになりたい!」「『ウニ・アワビ』は『大アサリ』で誤魔化さないでね!」であろう。ふふふ。あ、笑いごとじゃないっすね。
    【2006/10/02 22:25】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。