アトリエみりん干し
お笑いのある生活

PROFILE
大原みりん
  • Author:大原みりん
  • お笑いのある暮らしを送る、丑年生まれのスーパー主婦。著書に『〆切り金曜日』(文芸社)『〆切り金曜日でR』(新風舎)がある。

    〆切り金曜日
    〆切り金曜日


    〆切り金曜日でR
    〆切り金曜日でR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  • RSS1.0


  • CALENDER
    01 | 2006/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • オニきのこっ!(12/11)
  • オニきのこっ!(12/03)
  • オニきのこっ!(11/13)
  • オニきのこっ!536(10/24)
  • オニきのこっ!(10/16)


  • RECENT COMMENTS
  • 逆援助(12/02)
  • 逆援助(12/02)
  • 彰男(11/11)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS
  • なつみのブログ:紀元会(10/17)
  • 転職したくない窓際中年のリストラ対策:「歌姫」(うたひめ)長瀬智也(ながせともや、永瀬友也、知也)、相武紗季(あいぶさき、沙希、佐紀、早紀)佐藤隆太(さとうりゅうた)(08/28)
  • 静岡で出会いGo!Go!:出会い系 裾野/出会い系 裾野(06/09)
  • aoiの部屋:手塚治虫(02/10)
  • トヨタ自動車エキスプレス情報館:セルシオのエキスプレス情報(02/09)


  • ARCHIVES
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (7)
  • 2007年05月 (17)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (27)
  • 2007年01月 (42)
  • 2006年12月 (28)
  • 2006年11月 (17)
  • 2006年10月 (20)
  • 2006年09月 (47)
  • 2006年08月 (68)
  • 2006年07月 (20)
  • 2006年06月 (31)
  • 2006年05月 (30)
  • 2006年04月 (57)
  • 2006年03月 (49)
  • 2006年02月 (51)
  • 2006年01月 (59)
  • 2005年12月 (57)
  • 2005年11月 (58)
  • 2005年10月 (61)
  • 2005年09月 (47)


  • CATEGORY
  • 100セミくん (37)
  • 日記 (266)
  • オニきのこっ! (507)
  • みりんライブラリー (3)


  • LINKS
  • リバ
  • アトリエみりん干し
  • Plasma
  • ケイモウ・アナライズ
  • アジアン・パサール
  • こじぞうの なちゅらる はいぃ!
  • RIPUホームページ
  • あーたんママとるるポンチ
  • Dohmar@Engine
  • もしかしてパチンコ依存症?
  • 懐かしの漫画
  • すまいる堂
  • 夢追い人生ー漫画家になりたいー
  • (有)KUZI製作所
  • 本日の水産部
  • たからブログ
  • 雪崩式リングアウト(NRO)
  • 科学変態ZENRA-MANの秘密BLOG
  • 中国留学~ それとなく綴る
  • ジョイフルリ・ホームおかざき
  • フライデーフライBLOG
  • コンスタントに億下さい
  • 弥右エ門の似顔絵屋本舗
  • UGLY FACE
  • のぶじいのお気楽日記
  • ねこねこ
  • 強運 頑福を呼び寄せる「お言葉」
  • want wish to be happy
  • 有限会社 インフィニティ
  • 徒然日記~中国的生活
  • ぽぽのque-seraーsera!!
  • 老百姓~上海ニートの中国徒然日記
  • 中国留学情報
  • しそがぽーる
  • さんどまめのゆでかげん
  • 今日から実践
  • Tissa Rush Graphiclog
  • DERIサンのアタマん中
  • 癒しのエピソード


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    オニきのこっ!169
    oni169.jpg



    スポンサーサイト
    【2006/02/26 22:03】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    リーダーの言葉


    富士山頂にある巨大レーダーの建設は、標高3、776メートルでの建設作業である。作業員は頭痛・めまい・吐き気・呼吸困難・顔や手足のむくみの連続で、命の危険を伴うものだった。現場の作業員が一人二人と毎日のように下山していく。このままでは工期が2年ではすまなくなる。日本を台風から守るレーダーを作るのだ。その意義をみんなで理解しなければいけない。そのとき29歳の現場監督伊藤庄助氏が下山する作業員に向かっていった言葉。「男は一生に一度でいいから、子孫に自慢できる仕事をすべきである。富士山に気象レーダーの塔が出来れば、東海道沿線からでも見える。それを見るたびに『あれは俺が作ったのだ』といえる。そう伝えることが出来るのだ」。作業員たちはそのひとことに、下山を思いとどまったのである。言葉の威力に圧倒される。私は今、花粉症の威力に圧倒されている…。
    【2006/02/26 22:02】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(17) |

    オニきのこっ!168



    【2006/02/25 22:17】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    辛子めん太子


    今、岡崎の松坂屋では春の「北海道大物産展」開催中だ。松坂屋に用事があったので、ついでに覗いてみる。六花亭のチョコレートを買おうかとそちらに向かう途中、私の目を釘付けにしたもの。それは「辛子めん太子」だ! 私は辛子めん太子が大好きだ。でも、高価なので2年に1回くらいしか食べない。ひと腹¥1、207だったその辛子めん太子をじっと見つめながら、「値段を見ずに辛子めん太子が買えるくらい稼ぐぞ!」っと心に誓った次第だ。先ずは1年に1回は食べられるくらいになる。
    【2006/02/25 22:16】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!167



    【2006/02/24 19:12】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    B-1グランプリ


    ブログ仲間の水産部部長さんは、食に対して愛情深い方である。それは、青森県人の血がそうさせるのだろうか。先日の18,19日、全国的な知名度は低いものの、各地で愛されているB級料理を集めた初のイベント「B-1グランプリ」が、青森県八戸市で開かれた。参加した食べ物は北海道「富良野カレー」や「室蘭の焼き鳥」、九州「久留米の焼き鳥」青森「八戸のせんべい汁」など、10品目。みごと初代王者に輝いたのは、静岡県の「富士宮やきそば」である。岡崎市がエントリーするとしたら、「味噌」はあまりにも有名なので、チーズの入った「鯛焼き」、かなぁ。
    【2006/02/24 19:06】 日記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!166



    【2006/02/23 18:56】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    警察署にしゃっちょこばる私


    今日は岡崎警察署に取材の許可を得にいった。警察に行くのは初めてではないが、何度いってもしゃっちょこばってしまう私。体はこわばるし、許可を得るという姿勢で行くのでどこかオドオドしてしまう。だいたいが小心者だからね。今日は刑事課にいったのだが、課長さんを待つ間に、「暴走族の脱退届けを出しに来たんだけど…」「私、私、携帯電話で『登録料の延滞通知』ってのがかかってきて、それでそれで『払わないと痛い目に遭うぞ』『家庭を壊す』っていわれて怖くて1万5千円払ったのだけど、今日もまた妙なメールが届いて、どうしたらいいのでしょう。コワイよぉ」ナドトいう市民が引きも切らずやって来るのも、私を緊張させる。刑事課長さんは話の分かる方だったし、協力的だったんだけどね。明日も行かなければならず、気は重たい。
    【2006/02/23 18:55】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(13) |

    オニきのこっ!165



    【2006/02/22 20:25】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    VIPルーム


    今日は100セミ実行委員長のお供で、「岡崎信用金庫」本店にいって来た。100セミのプログラムや広報チラシを作るのに、協賛広告をお願いするためだ。「岡崎信用金庫」は金融業界の格付けで「Aプラス」という評価を得ている、信用金庫では日本でトップクラスの金庫だ。本社も自社ビル10階建ての大会社である。私は企業のトップにお会いするのが好きだ。と、いうのもトップの方は経営手腕や業績、責任や不祥事の解決など、凡人の何千倍もの重圧を耐え抜いている。強靭な精神を持つ、その人となりに強烈に憧れるからだ。「岡崎信用金庫」では、9階が応接室になっていて、そこからは周辺が一望できた。こういうところで日夜、「岡崎信用金庫」の会長は大臣やら県会議員、市長あるいは地元企業のトップたちと会談しているわけか。ナドト思いながら会長がお出ましになった。会長はびっくりするほど温和な方で、ギラギラする欲望を持った方ではない印象を持った。手堅く、平穏にいきたい。と、全身から平穏無事を祈る気持ちがにじみ出ていて、それは私が持つ部分でもあった。銀行員のあるべき姿、といってしまえばそれまでだが、「ふーん。平穏無事って、成功すると『おもしろ味に欠ける』んだぁ」と、勝手な感想を持った次第だ。私がメジャーデビューしたら、ギラギラの欲望をあちこちに書きまくるかもしれないが、ちょっと「演出入ってる?」と、疑ってくれたまえ。
    【2006/02/22 20:23】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!164



    【2006/02/21 21:44】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    二桁の掛け算


    インドでは二桁の掛け算を暗証する。と、聞いてはいたが、それがどういう意味を持つのか考えたこともなかった。実はきのう、本屋で『二桁の掛け算』という本を見つけた。99×99まではタイヘンなので、先ずは19×19までやってみよう、という本で、一桁の掛け算は数字を唱えるが、二桁では日本語としてごろが悪いうえに、とうてい覚えられないのをいいことに、11はヒヒ 12はビキニ 13は一茶 14伊代ナドトいうように数字をキャラクター化して、11×11=121なら「ヒヒヒヒ 人に人」11×12=132なら「ヒヒビキニ 秘密」11×13=143なら「ヒヒ一茶 一生散歩」というように覚えるようなっている。そのキャラクターの強引もさることながら、語呂合わせの強引が爆笑ものなのだ。コレで二桁の計算に強くなるかは疑問だが、しばらくは家族中でトイレで笑えそうである。
    【2006/02/21 21:42】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!163



    【2006/02/20 20:59】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    似顔絵屋の弥右エ門さんからプレゼント


    似顔絵屋の弥右エ門さんから「良いことが続くという不思議なハガキ」が届いた。良いことが続く、とはなんと魅惑的なハガキだ!  私の今の欲望。①日当たりのいい家が欲しい ②『でR』重版 ③ギターがバリバリに弾ける ひとつも実現しそうにないのだが、コレが実現するのか?! うでじい。実現するなら順不同も可。弥右エ門さんあじがどう! 額に入れて玄関に飾ります!
    【2006/02/20 20:57】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(11) |

    オニきのこっ!162



    【2006/02/19 15:30】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    マンガの原作
    06.2.19.jpg


    マンガの原作者は、マンガ家との取り分の相場が3対7から4対6である、という話を聞いた。マンガ家絶対有利。が、マンガの部数は、文芸書などと違って、100万部、200万部も珍しい市場ではない。と、なると印税が破格に跳ね上がる。絵の下手な私は「マンガ家」を名乗るより「マンガ原作者」を目指してもいいか。と、いうより先にエッセイ書かんかいってか!?

    【2006/02/19 15:25】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    オニきのこっ!161



    【2006/02/18 21:20】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    お笑いの宿命


    「お笑い」を目指すとき、私にはひとつの信条がある。「人を傷つけない」である。取材を申し込むとき、「お笑いの方向性である」と説明すると「取材をお断りさせて頂きます」という返事をされることもしばしばだ。お断りは、私の過去の作品を見せてから返事を頂くことが多く、「お断り」が連続すると自分のお笑いは世間に通用しないのか、と深く考え込むこともある。ネタの貯蓄問題もあるし。が、これからも「人を傷つけない」を貫く。今日も1件、お断り。
    【2006/02/18 21:19】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    オニきのっこっ!160



    【2006/02/17 23:20】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    おひなさま


    去年は、3月2日に出して3月3にしまったおひなさま。今年もたった2日しか外の空気が吸えないのかなぁと、箱の中からひそひそ話す声がしそうだ…。
    【2006/02/17 23:18】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    オニきのこっ!159



    【2006/02/16 14:06】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    岡崎市民のみなさま


    岡崎市民のみなさま。お待たせいたしました。私の第2弾『〆切り金曜日でR』が図書館に入荷いたしました。図書館、といってもなぜか「南部市民センター」所蔵のようですが。どちらにしても貸し出しが出来るようになりましたので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。ちなみに、「図書館に行くなんて面倒ぉー」とおっしゃる向きには、電子出版が準備できました。「新風舎デジタルブックストア」http://www.shinpusha.co.jp/db/ ¥315です。こちらもお気軽にご利用くださいまっせーっ。
    【2006/02/16 14:05】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!157



    【2006/02/15 23:34】 オニきのこっ! | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!158



    【2006/02/15 23:33】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!156



    【2006/02/14 19:48】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(11) |

    チョコレートを召し上がれ


    男性のみなさま。チョコレートを召し上がれ。虫歯の心配がないようにイラストにしておきました。
    【2006/02/14 19:42】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(16) |

    オニきのこっ!154



    【2006/02/13 20:47】 オニきのこっ! | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |

    おにきのこっ!155



    【2006/02/13 20:46】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!153



    【2006/02/12 21:39】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    秘密の特別な水


    岡崎市にある養護施設で、「たこ焼きとお好み焼きパーィー」があったので、ボランティアに行って来た。お好み焼き班に任命された私は、材料をこねる係りになった。①ボールに卵10個を割り入れ、②そこに水を入れてから、③刻んだ野菜を入れる、という段取りである。①の作業を終え②にいこうとしたとき、たこ焼き班の爺さんが「水はコレを使うようにいわれたよ」といって、ポリタンクからボールに水を小分けした。「えっ? 水道のではなくて、ポリタンクからというと、どこかの(湧き水とか、おいしい水といった)特別な水ですか」と私が聞くと、「そうだよ。秘密の特別な水だよ」と自信満々に答えたのである。隣の女性が「じゃ、お水下さい」といってボールに小分けした水を受け取り、卵の中に入れたとき「えっ、何か、ニオうんですけど…」といったのである。びっくりして私がボールに鼻を近づけてみると、ナンとそれは「灯油」だったのである。「いいか、何かを聞かれて知っている以外のことは答えるな! いいかっ!」と、以前同級生に噛み付かれんばかりの勢いで指摘されたことがあった。そのときは「憶測で物をいわない」くらいの言い方にして欲しいなぁ、とカチンと来たものだが、この爺さんの「秘密の特別な水」が「灯油」だったことで、同級生が私にどうしてもことの重大性を分からせたくて「いいかっ!」と怒鳴ったことの意味を知った。爺さん! 何が秘密の特別な水だっ! 自分が汲んできたわけでもないのに。「自分が知っている以外のことはいうな」っての! 灯油が灯油と分かるニオイがあって、子どもが死ななくてよかったぜ。
    【2006/02/12 21:38】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。