アトリエみりん干し
お笑いのある生活

PROFILE
大原みりん
  • Author:大原みりん
  • お笑いのある暮らしを送る、丑年生まれのスーパー主婦。著書に『〆切り金曜日』(文芸社)『〆切り金曜日でR』(新風舎)がある。

    〆切り金曜日
    〆切り金曜日


    〆切り金曜日でR
    〆切り金曜日でR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  • RSS1.0


  • CALENDER
    12 | 2006/01 | 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • オニきのこっ!(12/11)
  • オニきのこっ!(12/03)
  • オニきのこっ!(11/13)
  • オニきのこっ!536(10/24)
  • オニきのこっ!(10/16)


  • RECENT COMMENTS
  • 逆援助(12/02)
  • 逆援助(12/02)
  • 彰男(11/11)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS
  • なつみのブログ:紀元会(10/17)
  • 転職したくない窓際中年のリストラ対策:「歌姫」(うたひめ)長瀬智也(ながせともや、永瀬友也、知也)、相武紗季(あいぶさき、沙希、佐紀、早紀)佐藤隆太(さとうりゅうた)(08/28)
  • 静岡で出会いGo!Go!:出会い系 裾野/出会い系 裾野(06/09)
  • aoiの部屋:手塚治虫(02/10)
  • トヨタ自動車エキスプレス情報館:セルシオのエキスプレス情報(02/09)


  • ARCHIVES
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (7)
  • 2007年05月 (17)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (27)
  • 2007年01月 (42)
  • 2006年12月 (28)
  • 2006年11月 (17)
  • 2006年10月 (20)
  • 2006年09月 (47)
  • 2006年08月 (68)
  • 2006年07月 (20)
  • 2006年06月 (31)
  • 2006年05月 (30)
  • 2006年04月 (57)
  • 2006年03月 (49)
  • 2006年02月 (51)
  • 2006年01月 (59)
  • 2005年12月 (57)
  • 2005年11月 (58)
  • 2005年10月 (61)
  • 2005年09月 (47)


  • CATEGORY
  • 100セミくん (37)
  • 日記 (266)
  • オニきのこっ! (507)
  • みりんライブラリー (3)


  • LINKS
  • リバ
  • アトリエみりん干し
  • Plasma
  • ケイモウ・アナライズ
  • アジアン・パサール
  • こじぞうの なちゅらる はいぃ!
  • RIPUホームページ
  • あーたんママとるるポンチ
  • Dohmar@Engine
  • もしかしてパチンコ依存症?
  • 懐かしの漫画
  • すまいる堂
  • 夢追い人生ー漫画家になりたいー
  • (有)KUZI製作所
  • 本日の水産部
  • たからブログ
  • 雪崩式リングアウト(NRO)
  • 科学変態ZENRA-MANの秘密BLOG
  • 中国留学~ それとなく綴る
  • ジョイフルリ・ホームおかざき
  • フライデーフライBLOG
  • コンスタントに億下さい
  • 弥右エ門の似顔絵屋本舗
  • UGLY FACE
  • のぶじいのお気楽日記
  • ねこねこ
  • 強運 頑福を呼び寄せる「お言葉」
  • want wish to be happy
  • 有限会社 インフィニティ
  • 徒然日記~中国的生活
  • ぽぽのque-seraーsera!!
  • 老百姓~上海ニートの中国徒然日記
  • 中国留学情報
  • しそがぽーる
  • さんどまめのゆでかげん
  • 今日から実践
  • Tissa Rush Graphiclog
  • DERIサンのアタマん中
  • 癒しのエピソード


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    オニきのこっ!141



    スポンサーサイト
    【2006/01/31 19:52】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    リプさんの差し入れ


    午前中の用事を済ませて家に帰ると、玄関に人が立っていた。電気メーターの検針員かなーと思いながら「こんにちは」と声を掛けると、それはブログ仲間の「リプ」さんだった、餃子のタネを差し入れてくれたのである。私は午前中の用事を切り上げるとき、上手い切っ掛けがつかめずに「さて、私はコレで」と、唐突な帰り方をしてきた。帰りたい、とあからさまに態度で表わしたようで悪いなぁと思いながら、今日は〆切りだし、思い切ってあの一瞬に「さて」と、声を出したのである。リプさんが私の家を訪れるのと、私の帰宅のタイミングがピッタリ合う、というのは、天文学的な確率で起こることだ。あの「さて」をいうタイミングが絶妙だったのか。何でもない「さて」がすごく価値ある「さて」に思える。
    【2006/01/31 19:50】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!140



    【2006/01/30 20:18】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    ヤンキー先生の講義で寝る


    夫に誘われて、「ヤンキー先生」こと義家弘介氏の講演会に行った。少し遅かった割に前の席がちょうど二つ空いていて、最前列に座れた。講演は、熱意と情熱を感じるものだったのだが、具体的な「不良の更生」「不良の問題」というのではなく、大人が胸を張って、おとながシャンとしなくちゃダメだ!! ということに終始していた。そのことが分かったから、ではないのだがいつの間にかグーグー眠ってしまった。最前列でコックリコックリする私に、隣で夫が冷や汗をかいていた。そりゃそーだよなぁ。夫の上司が同じ最前列にいたのだもの。スマン…。でも、よく寝られるのは若い証拠、というし、若い奥さんってことで。ダメか…。
    【2006/01/30 20:13】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!139



    【2006/01/29 20:51】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    女は変身できる!


    今日は岡崎市PTAコーラスフェスティバルの発表会だった。発表会の運営は、各学校が持ち回りでする。順番通りに出番を誘導したり、リハーサルの時間を計ったり、場内アナウンスをしたり、一日中忙しい。運営をしている人の中で、一際ブサイクな人がいた。ノーメイクにといてない髪。だぶだぶのジャンバー。「あー、オバサンって感じ感じ!」と、強烈な印象を持った。ところがどうだ。彼女たちの出番が来たとき、あの「ブサイクなオバサン」が、だ。髪はキレイにピンで留め、化粧は明るくバラ色に輝き、純白のブラウスと黒色のロングスカートが彼女をとても上品に映している。私よりよほど美しいレディーになって笑顔をこちらに向けているのだ。本当に、完敗だった。女は変身できる! 私に希望の光がさし、努力すれば私もまだまだイケル!と、強く励まされた出来事だった。
    【2006/01/29 20:50】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!138



    【2006/01/28 23:17】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    またしても昼寝!


    〆切をこなそうと、朝9時30分に机に向かった。5分後にあらがえないほどの強い睡魔に襲われ「ちょっとだけ」と、自分に甘えて机に突っ伏して寝る。で、目を覚まして驚いた。時計が12時30分を指しているではないか!!浦島太郎が、たった1年間竜宮城にいただけで、100年経ったのと同じ気分だ。慌てて昼食を作り、机に戻ってきたときには、もう1時30分。今日は午後から用事があるし、夜は夜で新年懇親会で出かけなければならない。2時間しか書く時間がなくなってしまい、集中できずじまいだった。自分に甘えてはイケナイ。でも、44年間自分に付き合ってきて、自分に勝つのが一番むつかしいよなぁ。
    【2006/01/28 23:12】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!137



    【2006/01/27 22:15】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    強風の中の取材


    今日の取材は、キャベツ畑で行われた。この地方独特の「三河の空っ風」がビュービュー吹く中、もう質問も凍え、メモする手もかじかむ。が、仕事だしスルドイ質問を次々にかます私に、饒舌に答えるおじさん。ありがたかったが、その饒舌振りがたたって、取材時間が倍に延長され、すっかり乾燥した大根のようにシワシワになった私の顔。農家のみなさま。漁師のみなさま。風すさぶ中、いつもお仕事ご苦労様です。ココロから感謝の私は、即エステの無料体験予約を入れた。
    【2006/01/27 22:13】 日記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(9) |

    オニきのこっ!136



    【2006/01/26 21:34】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    正確なメモ


    今年の夏に敢行する「岡崎100セミ」の会議が盛んだ。実行委員に名を連ねているので、この会議にも参加する私だが、今日委員長から電話があり「会議、忘れちゃいましたか?きのうだったのだけど」といわれた。「え、明日ではなかったですか。カレンダーに、そう書いておいたのですが…」「いえ、きのうでした」。会議を忘れるのはコレで2度目だったので委員長は「また、忘れたのだろうなぁ」と思ったそうだが、私にしてみれば会議は忘れてなかったのだが、日にちを間違えてカレンダーにメモしていたことがショックだった。正確な日にちのメモも出来なくなってしまったのか。女優の中村玉緒はタイヘンなメモ魔ですぐにメモを取るらしい。すぐにメモを取るのだが、そのメモを見るのを忘れてしまう。そこで「メモを見ること」とメモをしているそうだ。正確なメモが出来ない私は、それ以下だね。
    【2006/01/26 21:32】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    オニきのこっ!135



    【2006/01/25 22:13】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    「ババアリベンジ大作戦」2


    きのう、青森のKUJIさんの隣家のバアさんがKUJIさんの雪かきを邪魔するので、このバアさんにひとあわ吹かせる作戦を考えた。バアさんちの屋根にマネキンの手や足、頭を埋めておいて、雪かきしたときにそれを掘ったバアさんが驚いて腰を抜かす。そうしたら、水産部部長から「美味しいお菓子やヨンさまビデオでバアさんを堕落(コレは陥落という意味かしら)させる」という明るい方法がよい、と指摘を受けた。DERIさんもその意見だ。そこで「ババアリベンジ大作戦2」。雪かきを邪魔するバアさんが、二度とKUJIさんの邪魔をしなくなる方法を考える。「いつも雪かきのとき、親切にしてくれて、ありがとうございます。今日はボクがやてあげるね」といって、バアさんがいつもKUJIさん目がけてやることをバアさんにやる…。コレじゃ喧嘩が大きくなるってもんですね。
    【2006/01/25 22:12】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    おにきのこっ!134



    【2006/01/24 22:54】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    「ババアリベンジ大作戦」


    きのう、ブログ仲間になった青森のKUJIさんは、隣家のバアさんと雪かき問題で国交を断絶しているという。何でも毎年屋根の雪をかかないのがバアさんの気にさわる、ラシイ。先日、KUJIさんが屋根に上がって雪かきしているところに、バアさんがやって来たので「お早うございます」とさわやかな挨拶をするも、バアさんは「フン」。その上、KUJIさんが「雪をカイタ先から雪を置いていく」のだそうだ。バアさんやりたい放題。KUJIさんとしては「ババアリベンジ大作戦」を今年中に敢行予定だそうだが、ブログ仲間としてもこのバアさんにひとあわ吹かすのに協力しよう。私の策は「雪かきしそうな日の前日にバアさんちの屋根に上り、マネキンの手、足、頭をあちこちに埋めておき、雪かきしたバアさんがそれを掘り当てて腰を抜かす」。どうざんしょ。手ぬるいかしら。
    【2006/01/24 22:52】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    オニきのこっ133


    【2006/01/23 20:59】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    80歳もコーラ


    むかし、一緒に絵を描いていた友人(80)が、骨折して入院したというので、仲間と一緒に隣町までお見舞いにいってきた。足を折ったと聞いていたのだが、廊下をスタスタ歩いていたのでびっくりした。「腰の骨を圧迫骨折しただけだよ」と、いたって元気である。それでは院内リビングにいってお茶でもと、みんなはお茶を買ったのだが、友人は自販機dで迷わずコーラを買いゴクゴク飲んで、スカッとさわやか気分を満喫していた。病室にもコーラの空きボトルが置いてあり、コーラを常飲しているのだろう。「6月には個展をやるから、観に来てよ」と張り切っていたが、「糖尿病か、再度骨折の方が先だったりして」と、チラと思ったのだった。心配だが、おいしそうにコーラを飲む友人の顔を見ると、「幸せなら、いいか。80だし」とも思った私である。
    【2006/01/23 20:58】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    オニきのこっ!132



    【2006/01/22 22:22】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    見積もりが安い意味


    自転車のかーポートを立てた。見積もりを取ったとき、A・Bの2社で5万の違いがあり、安い方で施工を依頼した。そして、我が家に来た職人さんをひとめ見て「不安」になった。職人さんがこの寒いのに靴ではなく、裸足に雪駄履きだったからだ。「でも、腕はいいってこともあるし」と不安を表に出すことなく、作業を見守っていたのだが、私が出かける時間になってしまい、帰ってきたら出来上がっていた。そこですぐに目に付いたのが、基礎を掘ったときの土がきれいに片付けられていなかったことだ。カーポート自体はこの職人さんがひとりで、ちゃんと柱も屋根も水平に作ってあって何の問題もないのだが、土がきれいに片付けてなかった。コレだけのことでいい気分がしなかった。さらに、取扱説明書が柱にテープで張られたまま。コレはやはり手渡しして欲しい「書類」である。5万円安いということは、こういうことなのだ。消費者の気持ちは、5万安くても高いところと同じ注意力で仕事に臨んで欲しい、だが、5万円安いというのは「ここまでの仕事」という意味だったのね。お金の価値を勉強したことだ。でも、寒いのにおじさんひとり、しかも日曜日に来てくれて、ありがとうございました。
    【2006/01/22 22:21】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    オニきのこっ!131



    【2006/01/21 17:35】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    個人投資家


    日経新聞で「ライブドア・ショック」の記事を読んでいて、ふと、18年前に香港で会った青年のことを思い出した。日経の記事には「東京証券取引所が株式全銘柄の売買を停止した18日。東京在住の二十代デイトレーダーはこの日だけで4千万の損失に見舞われた。『売るに売れず、心臓が止まるかと思った』 みずほ証券のジェイコム株誤発注で20億円稼いだ、千葉県市川市の個人投資家(27)も『17日から2日間で4億円を損した。上げ相場に慣れ切っていた』と話す。」
    私が香港で会った青年は、株の売買で旅行資金を捻出していた。「働かないですむなら、一生働きません」。といっていた。言葉使いや、音楽の趣味からして高学歴で、育ちの良さを感じ取れる青年だったが、私から見ると夢が「働かないこと」というのが奇異に写った。そういう私もバックパッカーで、仕事や日本の日常から逃避していたわけで、同じ穴のむじななのだろうが、何か彼の夢に賛同できない感情がいつまでも残った。あれから18年。香港の青年はバブル時期を経て、「一生働かない」という夢をかなえただろうか。どこかの安宿で、葉っぱをふかしながら「楽チン」「極楽」人生と、もしも普通にサラリーマンだったら…ナドト今と違う生き方を考えたりしているのだろうか。そして、私はどうだろう。相変わらずお金にキューキューして、何を得たのだろう。お金は経済を動かすが、心を動かすとは限らない。そう信じて、心を動かせるエッセイストになる!
    【2006/01/21 17:31】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    オニきのこっ!130



    【2006/01/20 18:46】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    遊書


    知らない作家なのだが、個展の案内状が届いたので行ってきた。「遊書」だけあって、いたるところに遊び心が潜んでいる。「雲」は本当にもくもくした感じが伝わってきて、白い紙なのに青空が広がっているような写真が頭の中に広がる。「桜」のツの点は墨をたっぶり含んだ筆で書いたようで、墨のほとばしりが、銃で胸を打たれて鮮血が舞うように見え、しなった木偏が血しぶきを浴びて「わぁぁぁぁぁっ!」と、ホントにびっくりしているような表情に見え、思わず笑ってしまった。「無」という書は、下の点々が続け文字になっていたので、なんかタコの足に見えて私は笑いがこらえ切れなかった。作家が会場にいなかったので、どんな人が書いたのかは分からずじまいだったが、楽しませていただいたぜ。
    【2006/01/20 18:45】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!129



    【2006/01/19 21:38】 オニきのこっ! | TRACKBACK(1) | COMMENT(4) |

    愛妻家の日


    日本愛妻家協会が1月31日を「愛妻家の日」と宣言。全国の男性たちに「早く帰って妻に『ありがとう』といおう」と呼びかけている。そうなのだ。この「ありがとう」がいって欲しいのだよ。妻は。弁当を作ったり、風邪の看病、洗濯屋にカッターや背広を持って行ったり、帰ったり。こういう本の些細なことに「ありがとう」といってもらいたい。行ってきます。ただ今、というときの挨拶以上に「ありがとう」のひとことを、妻は求めている。よく、自分がして欲しいことは、まず相手にする。というけれど、私が「ありがとう」といっても、ウチの夫はいわない。「愛妻家の日」の記事を読んでいた夫。果たして1月31日に私に「ありがとう」というか。楽しみだせ。
    【2006/01/19 21:37】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    オニきのこっ!128



    【2006/01/18 23:19】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    オニきのこっ!127



    【2006/01/17 22:19】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    最新のレントゲン


    歯茎に膿がたまったようで、腫れている。即歯医者に行く。「あー、ここに細菌が入ったようですね。膿がたまってます」、と案の定いわれ、レントゲンを撮ることになった。レントゲン台にあごを乗せて撮影を待ってるとき、看護婦さんが口の中にフィルムを入れないのでおかしいなぁと思っていたところで、機械が動き出した。と同時に甲高い電子音で♪メーリさんのひつじー、ひつじー、ひつじーとメロディーが流れ出したのである。パートのパチプロといわれるくらいパチンコばかりしていたときによく聞いた音にそっくりで、「パチンコの大当たりがかかったようだわ」と、懐かしい音色を歯医者で聞こうとは、とびっくりした。そして治療台に戻ると、、レントゲン室から出て3分もしないうちに、治療台の脇にある薄型パソコンに私の歯が表示されて2度びっくりだ。ここの歯医者は治療台も、治療台の脇のパソコンも私が知っているだけで2回は替えている。レーザー治療も10年前から導入しているし、最先端歯医者である。偉いぞ、歯医者さん!! と思う一方で、「新しもん好きなのかなぁ。それとも買い物が好きなのかなぁ」と、歯医者さんの温厚な顔からは想像できない「何か」を感じた最新レントゲンの導入であった。
    【2006/01/17 22:18】 日記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ126



    【2006/01/16 20:21】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。