アトリエみりん干し
お笑いのある生活

PROFILE
大原みりん
  • Author:大原みりん
  • お笑いのある暮らしを送る、丑年生まれのスーパー主婦。著書に『〆切り金曜日』(文芸社)『〆切り金曜日でR』(新風舎)がある。

    〆切り金曜日
    〆切り金曜日


    〆切り金曜日でR
    〆切り金曜日でR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  • RSS1.0


  • CALENDER
    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -


    RECENT ENTRIES
  • オニきのこっ!(12/11)
  • オニきのこっ!(12/03)
  • オニきのこっ!(11/13)
  • オニきのこっ!536(10/24)
  • オニきのこっ!(10/16)


  • RECENT COMMENTS
  • 逆援助(12/02)
  • 逆援助(12/02)
  • 彰男(11/11)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)
  • 逆援助(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS
  • なつみのブログ:紀元会(10/17)
  • 転職したくない窓際中年のリストラ対策:「歌姫」(うたひめ)長瀬智也(ながせともや、永瀬友也、知也)、相武紗季(あいぶさき、沙希、佐紀、早紀)佐藤隆太(さとうりゅうた)(08/28)
  • 静岡で出会いGo!Go!:出会い系 裾野/出会い系 裾野(06/09)
  • aoiの部屋:手塚治虫(02/10)
  • トヨタ自動車エキスプレス情報館:セルシオのエキスプレス情報(02/09)


  • ARCHIVES
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (7)
  • 2007年05月 (17)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (27)
  • 2007年01月 (42)
  • 2006年12月 (28)
  • 2006年11月 (17)
  • 2006年10月 (20)
  • 2006年09月 (47)
  • 2006年08月 (68)
  • 2006年07月 (20)
  • 2006年06月 (31)
  • 2006年05月 (30)
  • 2006年04月 (57)
  • 2006年03月 (49)
  • 2006年02月 (51)
  • 2006年01月 (59)
  • 2005年12月 (57)
  • 2005年11月 (58)
  • 2005年10月 (61)
  • 2005年09月 (47)


  • CATEGORY
  • 100セミくん (37)
  • 日記 (266)
  • オニきのこっ! (507)
  • みりんライブラリー (3)


  • LINKS
  • リバ
  • アトリエみりん干し
  • Plasma
  • ケイモウ・アナライズ
  • アジアン・パサール
  • こじぞうの なちゅらる はいぃ!
  • RIPUホームページ
  • あーたんママとるるポンチ
  • Dohmar@Engine
  • もしかしてパチンコ依存症?
  • 懐かしの漫画
  • すまいる堂
  • 夢追い人生ー漫画家になりたいー
  • (有)KUZI製作所
  • 本日の水産部
  • たからブログ
  • 雪崩式リングアウト(NRO)
  • 科学変態ZENRA-MANの秘密BLOG
  • 中国留学~ それとなく綴る
  • ジョイフルリ・ホームおかざき
  • フライデーフライBLOG
  • コンスタントに億下さい
  • 弥右エ門の似顔絵屋本舗
  • UGLY FACE
  • のぶじいのお気楽日記
  • ねこねこ
  • 強運 頑福を呼び寄せる「お言葉」
  • want wish to be happy
  • 有限会社 インフィニティ
  • 徒然日記~中国的生活
  • ぽぽのque-seraーsera!!
  • 老百姓~上海ニートの中国徒然日記
  • 中国留学情報
  • しそがぽーる
  • さんどまめのゆでかげん
  • 今日から実践
  • Tissa Rush Graphiclog
  • DERIサンのアタマん中
  • 癒しのエピソード


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    オニきのこっ!83



    スポンサーサイト
    【2005/11/30 21:59】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    こじさんからのプレゼント!


    ブログ仲間の「こじさん」からこじさんのブログ「1万ヒット目」訪問の私にプレゼントが届いた。こじさんのサインと「石は固い」の座右の銘入りだ。奥様特製のブラックベリージャムも入っていた。こじさんは「長州小力」に似ているといっているだけあって、ジャムビンのふたを中身がこぼれないようにと長州小力並みの怪力で閉めたらしく、ウォーターレンチで2人がかりでやっと開けられた具合である。苦労して開けたブラックベリージャムは、酸味が程よく最後にほんのり苦味がふわっと上がってくる「大人の味」。おいしい! こじさん。奥様あじがどう! 頂いた石は、我が家の一等地2階の勉強部屋(私がいつも原稿を書くところ)に置かせて頂きました。ちなみに、こじさんから頂いた石には「よこしま」模様が入っていて、ここを突っ込んで「よこしまな気持ちではありません」の模様。
    【2005/11/30 21:58】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!82



    【2005/11/29 21:10】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    痛恨の昼寝


    朝、パソコンをちょっとやっていたと思ったのに、気づいたら眠っていてびっくりした。慌てて洗濯物を干して、原稿に取り掛かったのだが、気づいたらまたしても! 眠っていたのである。明日までに書き上げられるのか? 不安。さっき見たらきのこデスクから「わはははははぁっ」というメールが届いていた…。
    【2005/11/29 21:09】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    オニきのこっ!81



    【2005/11/28 23:19】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    エルトン・ジョンの結婚


    イギリスの世界的歌手エルトン・ジョンが、11年交際していた彼と結婚することになった。イギリスではこの12月5日から、同姓同士の結婚を法制度で認める法律が施行されるのである。57歳といえば、そろそろ自分の最期を理想通りに近づけられるか、意識し始める年齢だろう。そのとき財産の問題は非常に大きな問題である。「愛している人が、自分亡きあと路頭に迷わないように」、という配慮だろうか。森光子が東クンと「結婚できないだろうか?」と、周りに相談し始めた、と聞いたことがある。「私の財産は全部、東クンにあげたいの」と森光子はいっている、ラシイ。他人だと遺言があっても、全て相続というわけにはいかないので、それなら問題が全くない「夫婦」の関係しかない…。「入籍」と「財産」。松井秀樹選手のそれも、気になるところである。
    【2005/11/28 23:18】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    オニきのこっ!80



    【2005/11/27 23:28】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    一体…
    11.27.jpg


    昨日、高校の同級会忘年会バージョンがあり、いってきた。2次会によったら終バスはとっくに出ていて、駅から家までタクシーで帰ることとなる。タクシーに乗ろうとしてふと外を見ると、次にタクシー待ちしている人が、すぐ近所の人だと気づいた。「一緒に乗っていきませんか」と、声を掛けた。「あ、ありがとうございます」「近所の方だということは知っているんですけど、お声を掛けるのは初めてですね」「大原さん、でしょ。ご主人はボクの後輩ですよ」ナドト、車中話が弾んだ。と、「あ、運転手さん。あの通りに○○っていう店があるから、そこへ寄って。1軒奢らせてくださいよ。30分だけ」。ヘンな成り行きである。「で、大原さんは、何やってるんですか?」「売れてないけれど、エッセイを書いてます。コレが第2弾です」「おおう。読ませて頂きましょう。おいくらですか?」「680円です」。ヘンな成り行きである。「で、大原さんはご主人とノーマル○ッ○○ですか。ア○○ですか」「ノーマルですが…」「そりゃ、ご主人は不満じゃないかなぁ」「そうでしょうか」「多分…」「しかし、イタイ扉は開けたくないので…」「ご主人は不満じゃないかなぁ。今度、ボクご主人と一杯やりたいなぁ」「(夫の尻がイタイ分には、私はいいぞ)ええ、ゼヒ誘って下さい」。ヘンな成り行きである。「おっ、30分丁度。タクシー呼んで」。きっちりした方だ。しかし、一体なんだったのだろう。この30分…。

    【2005/11/27 23:14】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!79



    【2005/11/25 23:46】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    ウエスト72センチ!


    ウエスト58センチが自慢の私だったのだが、あんまりスカートがキツクなってきたので測ってみたら、72センチにもなっていた! ウソッ!! 妊娠しているみたいなポーズでナマ腹出した写真を撮って、コンテストに応募しようか。財産を貯めるなら、脂肪より現金がいいんだけどなぁ。アルバイト代が入って、借金返済に一歩前進。
    【2005/11/25 23:44】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!78



    【2005/11/24 20:54】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    王様新聞が届いた


    日本語直訳ロックの王様から今月も「Osama新聞」が届いた。この新聞は、王様自らの手書きによる王様の近況が記事になっている。今回私の心を奪ったのは、年末恒例「温泉ライブ」である。東京の麻布十番温泉で王様がライブをするというのである。今年で10回目だという。東京なんて、行く機会もないし金もない。それに王様に「私がみりんだす!」という若さもない。だってね。ここだけの話し。私王様に「22歳」っていってあるんだもん。王様。『カブトムシ外伝』のCDは、ナンとしてでも買うからね。東京へは行けないけれど、応援しているからねっ!
    【2005/11/24 20:52】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    オニきのこっ!77



    【2005/11/23 20:01】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    ガス漏れの不愉快


    レンタルCDショップに行ったとき、ほんのちょっとだがガス漏れを起こしてしまった。ちょっとだから分かんないかなぁ、と恐る恐る振り向くと、後ろの青年がスンゴクいやな顔をしていた。スマナイ…。人のはいやだよね。ホントに。
    【2005/11/23 19:59】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    オニきのこっ!76



    【2005/11/22 22:07】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    たちまち意気投合


    明日は予定がないので、のんびり中国映画を観るべぇと、レンタルビデオショップに行った。『上海家族』か『再見』かどちらにしようと迷っていたとき、50代のふくよかな女性から声を掛けられた。「どんな映画がいいか、迷っちゃうわね」。電車の向かい合わせでその緊張に耐えられなくて声を掛ける、という事態ではなく、映画が選べない私の姿と自分の姿を重ねて声を掛けてきたそのオープンな親しさが嬉しくて「ホントですね」と、私も素直に返事をした。そこから[お宅はどんな映画がお好き? 私は韓国映画が好きだわ」「私は中国映画が」「日本のテレビ番組は、死んでるわね」「死んでます。死んでます」ナドト、たちまち意気投合してしまった。「で、あなたのお薦めはどれ?」「チャン・イーモウ監督の『あの子を探して』なんて、泣かせます」と、ビデオを彼女に指差すと彼女は「私、チャン・イーモウ監督作品をまだ一度も見たことがなかったわ」といって、それをレジに持っていったのである。ほんの些細な出会いが彼女の「チャン・イーモウ監督」の歴史を開き、彼女の人生が変わった(と思う)わけだ。何か、とてつもないことが起きる変化ではないかも知れないが、うれしい体験だった。今ごろ彼女が「ケッ!基準が甘い!」といっていたら、彼女の「チャン・イーモウ監督」の歴史に早くもピリオドが打たれるわけだけどさ。
    【2005/11/22 22:06】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!75



    【2005/11/21 13:28】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    チャン・イーモウ監督の予言


    今朝、新聞の日付を見て驚いた。21日ではないか。19日の「単騎、千里を走る」製作ドキュメンタリーをあんなに見ようと思っていたのに、すっかり忘れていた! クヤシイ。チャン・イーモウ監督と私が友だちだったら、「映画『単騎、千里を走る』も、お前は観ないね」と、予言するに違いない。再放送を祈る。
    【2005/11/21 13:27】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!74



    【2005/11/20 16:42】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    給料日前


    給料日前で、ビデオも借りられないし、古本屋にも行かれない。仕方なしに子どもに付き合って、遊ぶ。小学校の校庭で、シーソーに寝転がって空を見上げると、何億年前から続いている見事な青空だった。「色即是空・空即是色って何のこっちゃ?」ナドト考えていたら、子どもが私の乗ったシーソーを突然上げたので、危うく落っこちるところだった。子どもと遊んでいるのではなく、完全に遊ばれてる。
    【2005/11/20 16:41】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    オニきのこっ!73



    【2005/11/19 22:23】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    アル中のおじさん


    子どもに冬服を買うため、ジャスコにいった。ちょっと休憩で長いすに座っていると、隣にカバンを抱えた60がらみのおじさんがすっと座った。おじさんは、カバンからコップのようなものを取り出して、中身の液体をひと口飲むと、またフタをしてカバンにコップを納める。またいっときすると、カバンからコップを出してひと口飲む。その行動が妙で、コップを取り出したときにチラッとおじさんの方を見ると、そのコップは「ワンカップ」だった。「アル中」のようだ。でも、どうしてこんな大衆の面前で、わざわざ隠れるようにしてアルコールを摂取するのだろう。我慢できないから「アル中」なのか。いや、おじさんは自分の「アル中」と闘っているから、1本しか飲めないように大衆の面前での摂取を選んでいたのではないか。家にいたのでは、2本、3本飲んでしまうから。本当のところは分からない。ただ私が勝手に、おじさんの苦しみを受け取ってしまったようだ。ガンバレ。おじさん!
    【2005/11/19 22:21】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    オニきのこっ!72



    【2005/11/18 19:45】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    紅白の司会はみのもんた


    今年紅白の司会が「みのもんた」と「山根基世」アナウンサーに決まった。今年は紅組・白組・総合司会という分け方をせず、幅広い世代の司会グループを用意、という。歌手をまとめるのが最大の苦労という中、司会者まで大勢いては混乱の2乗(ですむか?)。「紅白奇想天外」。「動物奇想天外」にあやかりたくてNHKは、みのもんたを起用したのだろうか。
    【2005/11/18 19:43】 日記 | TRACKBACK(2) | COMMENT(3) |

    オニきのこっ!71



    【2005/11/17 21:57】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    清子さんとワタシ


    黒田清子さんと私は、顔がよく似ている。清子さんも民間人になったことだし、仲良くしたい。
    【2005/11/17 21:56】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    オニきのこっ!70



    【2005/11/16 16:05】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    オニきのこっ!69



    【2005/11/15 21:23】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    胸を打つ若者の挨拶


    今日取材にいった会社で聞いた話である。「私が(家工事の)施主と、その奥さんと出来つつある新しい家の中でお茶を飲んでいるところに、ペンキやらナンやらで汚れた、きったない作業着を着た髪の毛茶髪の、いっかにも今どきの若者がやってきて、『今日で僕の担当する仕事は終わりです。ここの仕事が終われば、もう2度とお会いすることもないでしょうが、仕事をさせて頂きましてありがとうございました』って、いって深々とホントに気持ちのいい挨拶をしていったの。そのとき、この会社は大丈夫だ、と私は思ったわ」と建築士が話してくれた。施主も奥さんも感激して「オレ、この会社で家を建てたこと、誇りに思うよ」といったという。出来るようで出来ないのが、けじめのある態度だ。私も人として、この若者を見習わなくてはイケナイ。って、この若者挨拶は出来ても、立ちション、痰吐き、吸殻ポイ捨てなんか、してたりしてな。
    【2005/11/15 21:21】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    オニきのこっ!68



    【2005/11/14 22:25】 オニきのこっ! | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。